Loading the player...


INFO:
昼下がりの平穏な空気を切り裂くように悲鳴が響く。誰も住んでいない寂れた家屋に連れ込まれ柱に縛り付けられた女子校生かおり。そこには、抵抗の色を見せ過呼吸ぎみになる彼女の姿が映し出されていた。半ばパニックになりながら呻き逃れようとする彼女を、その男はただひたすら観察しているようだった。これはある監禁の記録である。
女子校生監禁の記録